第35回 日本の美

木工作家『ぽっぽじいじ』こと

星加治美さんからバトンを受けとりました。美容師の小関由香です。



私たち、美容師のお仕事の技術の中に着付けがあります。


美容師がお支度させていただく着付けは人に着せる事を主に勉強します。 もちろん、自分でも着れますが(笑)


着付けといっても

七五三から成人式、花嫁まであります。

セットから着付けまでとトータルにできる技術です。

全ての美容師がする技術でほありませんが〜


昔に遡れば、普段から着物を着て生活していた時代がありました。

私たちが小さい頃は着物の方も見受けられることも多々ありました。


今はどうでしょう?

行事ごとで着ることぐらいになってきました。

成人式で初めて足袋を履くなんて方も稀ではありません!


お仕事として着付けをさせていただいてますが、

私は着物や帯、和のものが大好きです。


日本ならではの着物をオシャレに着こなす

そして、街を歩く、お茶するなど、

着物の良さを伝えていきたいという想いもあり

着物の会を立ち上げて、外に出向くことが夢でもあり、着物の良さを美容師として伝えられることも使命かな〜と思ってます。

自分で着るお教室など、身近に感じていただくことも進めていきます。


コロナも共存の時が来たのではと思う中

少しずつ外に出られるようになってきました〜

いよいよ、出番かなと!

好きだからこそ伝えられることもたくさんあります。


美容師としてだけではなく、私は日本の伝統的なものがとても大好きなので、良きものを一緒に楽しむ仲間作りも楽しみたいと思ってます。


時代の移り変わりはありますが、海外から見ても着物文化は日本の誇りです。

美容師の観点から発信していきたい分野です。


まだまだ、これからが楽しみです。


次回は小さな天使阿部龍太くんにバトンを繋ぎます。

よろしくお願いします。


15回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示