第24回 輪廻 [English below]

最終更新: 7月11日

[English below] (最近、手塚治虫さんの「ブッダ」を一気に読み終えた阿部龍太による投稿です)



祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。奢れる人も久からず、ただ春の夜の夢のごとし。猛き者も遂にはほろびぬ、偏に風の前の塵におなじ。


【現代語訳】

祇園精舎の鐘の音は、「諸行無常」、つまりこの世のすべては絶えず変化していくものだという響きが含まれている。沙羅双樹の花の色は、どんなに勢い盛んな者も必ず衰えるという道理を示している。世に栄えて得意になっている者がいても、その栄華は長く続くものではなく、まるで覚めやすい春の夜の夢のようだ。勢いが盛んな者も結局は滅亡してしまうような、風の前の塵と同じである。



※龍太に今回のリレーエッセイ「何を書く?」と聞くと、おもむろに「祇園精舎の鐘の声、、」と言い出しました(驚)

何で知ってるのだろうと言う驚きと、何故この言葉を?と言う気持ちで「何でこの言葉にしたの?」と聞くと、、

思いついたからと言いながら、携帯で祇園精舎を出し、意味もコピーして張り付けていました。


子供たちは、ピン!と来たことを受け取ってくれて時折り言葉にしてくれています。

これからの時代、益々子供たちのピュアな閃きの言葉に耳を傾けて行くことが平和になることへの早道なのかも知れません。

『あ(明)ける。』トレーラー映像では、

「神様は大きな神様で、人間は小さな神様」と。

https://youtu.be/hQLanqbq4eI



次回は今泉志奈子さん、お願いいたします。

The Message of the Week

Here's the message from Ryuta Abe, who has just finished reading Buddha by Osamu Tezuka in one sitting;


The sound of the Gion Shōja bells echoes the impermanence of all things;

the color of the śāla flowers reveals the truth that the prosperous must decline.

The proud do not endure, they are like a dream on a spring night;

the mighty fall at last, they are as dust before the wind.

cited from Chapter 1 Gion Shōja from The Tale of Heike translated by Helen Craig McCullough


Here's the message from Miharu, Ryuta's mother;

When I asked Ryuta why he chose this phrase as the Message of the Week of our Members' Blog, he simply said "Well, it just came up to my mind", but he had checked the original phrase in The Tale of Heike and its modern translation before he submitted the text to our Blog.


Children’s inspiration and their words are treasures of the world. Listening to their purest words might show us the way to World Peace.


In the Trailer of "Dawning.", Ryuta says "We have our God high above and each of us has a small god inside."

https://youtu.be/hQLanqbq4eI

-- Ryuta Abe (5, June 2021)

58回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示