第19回 〜旅のはじまり〜 {パリ編}[English below]

最終更新: 6月6日

[English below] 第18回に続きまして、パリ編を書こうと思います^ ^


展示会準備で大忙しの日々、、

◯◯日からヨーロッパの旅に出発する!ことだけは決めていました。

旅行会社に行く暇もなく、日にちだけ決めて何の予定も立てていないある日、以前パリに留学していた先輩が見兼ねて「とりちゃん!私パリに買い付けに行くからHISでパリ行き聞いてきてあげようか。」


デザイナーの先輩が、私が一人旅に出発するのを心配してくれて、なんと!旅の段取りを全てしてきてくれました。

と言うことで、行きは先輩と一緒に行くことになりました!


出発前日の夜中まで仕事をして、旅の準備は 朝方になりました(苦笑)

ご想像通り、1ヶ月分の荷物をまとめきれず、スーツケースパンパン+手荷物で何とか飛行機に乗り込むスタートになりました!



そこはパリ! 色鮮やかな街並み、洒落た洋服を纏った個性豊かな人たち、道路までもキラキラしていました。

携帯電話も繋がらない!!知ってる人も居ない、仕事にも何にも縛られない!

自由だぁ!!!開放感で心が躍りました。


5歳のある瞬間から憧れを抱き、32歳で経験した一人旅の後、40歳でパリをテーマにしたファッションショーを地元で開催する流れになるとは夢にも思っていなかったこの時でした。



さぁ!!ホテル探し!暮らすように滞在できる住処♪

既に重たいスーツケースを引きずって、ホテルを探す。先輩も来てくれて、交渉成立。


朝食抜きにして1週間の滞在、映画の主人公になったようなワクワクが湧き上がりました。


先輩と別れて、いよいよ一人旅のはじまり。

先ずはスーパーマーケットに買い出しして♪ 明日から何処に行こうかな^ ^


最初に行ったのは凱旋門。

凱旋門のシャンゼリゼ通りのオープンカフェに目が止まり ワクワクしながら赤いテーブルに座り、お腹もペコペコだったしフランス語も喋れないので、辺りを見回しながら美味しそうなランチに目が止まりました。

ギャルソンに「あの人が食べてるものと同じものをください!」と身振り手振りで伝えました。

ふと横の席を見ると、なんと!真っ赤なセーターを着た、サンタクロースのような割腹のいいおじさま。全てを包み込んでくれるような笑顔でした。



「何処から来たんだい?」「日本から来ました」

単語と絵を書きながらの会話がはじまりました。

「おじさまは?」「僕はベルリンから。休暇の間、車で旅をしているんだよ」

「君は日本で何をしてるんだい?」

「私は日本で服を創っています」


「おじさまは?」

「僕はベルリンでチェロを弾いているよ。 ベルリンフィルハーモニーの音楽家だよ」


「君はユニークな人だ。一緒に旅に合流しないかい?」

「ありがとうございます。先輩と来ているので残念だけど、行けません」


「これからも素敵な服を創るんだよ」

「ハイ!!私、日本に帰って服を創ります!周りの人たちと一緒に幸せに成るために」


と言いながら心に決意したのかも知れません。


両手を広げて「応援しているよ!」と言って凱旋門の雑踏に消えていきました。



その11年後の43才、旦那さんと一緒に ベルリンに行った際、ハインツと再会することになるのです。


この旅は、音楽家、芸術家と出逢う旅のはじまりでもありました。


エッフェル塔、セーヌ川、ルーブル、モンマルトル、ベルサイユ宮殿、、、沢山沢山歩きながら沢山の方々に出逢い、美味しいものを食べ、観るもの全てに感動したパリの旅となりました。



次回は、画家のプレイボーイと出逢う(笑)ベルギー編を書こうと思っています。

こうして、2年間は好きなことだけをしよう!と決め、私が友人から社会人不適合者と呼ばれる時期に近づいていくのでありました。



お待たせしました!イタリアにご縁のある藍染めアーティストの、林 広さんにバトンを渡します^ ^


Message of the Week

Bonjour! Today let me talk about my trip to Paris!

While I was fully occupied with preparation for the exhibition, all I could do for my trip was to fix the day of departure. Having no time to go to the local travel agency, I had no idea what I was going to do in Paris. Very fortunately, however, one of my friends, who was also a designer, helped me organize my trip and, what is more, she kindly arranged an air ticket for me to go to Paris with her! What a relief! As you can imagine, it took me hours and hours to pack my suitcase, but finally with my suitcase, which was almost bursting at the seams, I got on board!


And I fell in love with Paris instantly! Streets of colorful stores and houses, stylish and sophisticated people, even sidewalk looked sparkly. "Nobody knows me here! No phone calls or no jobs anymore!" I had an overwhelming sense of freedom.


The first place I visited was Arc de triomphe de l'​Étoile. I took a seat (a lovely red table!) at cafe on the Champs-Elysées; I was very hungry but I was not fluent in French, so I looked around to look for the dish that I would like to try myself and successfully told the Garçon "Can I have the same one?" through gestures and expressions. A lovely gentleman with a red sweater on was sitting at the next table; he looked just like Santa Claus. With his charming smile, he asked me "Where are you from?" "From Japan." I talked with him by using the words I knew and also with the help of some drawings.

"Where are you from, sir?"

"From Berlin. I am travelling by car. What do you do in Japan?"

"Designing clothes! And you?"

"I play the cello in Berlin. I am a musician of Berlin Philharmonic Orchestra. You are so unique. How about joining us and travelling with us, my dear?"

"Thank you very much! But I am here with my friend and I'm afraid I can't go with you."

"Keep on creating lovely clothes, OK?"

"I will! I will create my clothes to bring happiness to people who will wear my dresses and it will make me happy!"


With his arms wide open, he said "Best Wishes!" and disappeared in the crowd and who could have predicted that we could see each other again eleven years later! When I was 43 years old, I got a chance to visit Berlin with my husband and there I met him, Heinz, again, but that is another story.


La tour Eiffel, la Seine, Musée du Louvre, Montmartre, Palais de Versailles...I walked, walked, walked and walked. I met numerous beautiful people and enjoyed lovely food and everything I saw in Paris touched my heart and these memories last forever.


In my next essay, I am going to talk about my trip to Belgium, where I met a charming boy who was a painter! Please don't miss it!

-- Miharu Toriyama (31, May 2021)

83回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示