第18回 〜旅のはじまり〜 [English below]

更新日:5月29日

[English below] 美しい写真とトゥシューズの興味深いエッセイを書かれたバレエダンサー、久寿奏恵さんからバトンを受け取りました!

衣装デザイナーの鳥山美春です。


今回は、第5回のエッセイ("閃き"のままに)で書きました『世の中には三つの答えがある』ということを知った32歳の頃のお話です。



10年勤めた神戸ポートアイランド内にあるアパレル企画会社 JAVAグループを退社しました。ある思いが湧き出し主任を経て退職。


ここで

☆『仕事を続けるなら社長の方針に従う』『従えないのなら辞める』

肩書きを外した素の自分、鳥山美春をみたい!

『ゼロ』になりたい!と思いました。

居心地の良かった会社を辞めるにあたり

『これから先、正社員にはならない』と決めました。


ヨーロッパを一人旅しよう!!


その当時から世界観が好きだったジョン・ガリアーノの門を叩いて、ただ働きで弟子にしてもらおう!(笑)などとイメージを膨らませていたところ、、

退職した次の日が、私も出演していた演劇の舞台。を観に来てくれた親友からの言葉。 お疲れさま^ ^良かったよ^ ^とか言ってくれると思いきや、、

「美春!明日からアトリエを手伝ってほしいんよ!!」と衝撃のメッセージ。


暫くゆっくりして海外に出かけるつもりが、

あまりに切羽詰まっている親友に、断りきれず(汗)退職した2日後からアトリエヤマモトに行く流れとなりました。


そこは、やり手の女社長が経営しているインポートブランドのアトリエでした。

展示会前の大忙しの最中、キラキラ輝くレースや装飾が溢れていて、それがフランス、イタリアの生地やレース達でした。

早速私も仕事をスタートし、出来上がってきた洋服やドレスに、レースやビーズなどを装飾する日々が続きました。


社長に、世界各国から集まった生地やレース等のインポート展示会に連れて行ってもらって本物を沢山見せてもらいました。


展示会準備は1ヶ月あまり続きました。

お昼は、社長のお手製弁当、お米、素材、お醤油全てにこだわったお弁当。

社長のあのおにぎりは最高でした!

更には今でも忘れない香ばしい香り〜GODIVAのマカデミアンナッツコーヒーをよく飲ませてもらいました。


そんなこんなで、展示会準備も終えようとした頃、さぁ!ヨーロッパに行こうか!!と思っていると、女社長が来て言いました。

「美春ちゃん、正社員にならない?」

えっ!と思いましたが、アトリエの仕事も楽しかったので海外か、アトリエどちらか一つを選べない。両方叶えたい!と思い、社長にストレートに言いました。

「私、退職する時に決めたんです。正社員にはならないと。ヨーロッパに色々な物を観に行きたいんです。」「でも、アトリエの仕事も好きです。もし社長がいいなら、時給で働かせてください。忙しい時は夜中まで働くので、展示会後の1ヶ月間、海外に行きたいんです!」


社長の返事はオッケー!

そこから2年、日本とヨーロッパを行き来する旅が始まりました^ ^


女社長から教わったこと、


☆本物を創るには

『いいものを着る』『いいものを観る』『いいものを食べる』

{本物を知る}


☆『1人だけで全ての仕事をしない』


ことでした。


パターンメイキングと組織力を学んだJAVA、デザインと個性を学んだアトリエヤマモト、そして出逢った沢山の方々により、今の私のモノ創りに光をもたらしてくれています☆☆☆

✴︎ 今、マカデミアンナッツコーヒーを飲みながらエッセイを書いています^ ^

ライオンコーヒーのですが。


パリの旅の話を書くつもりが、きっかけの話になってしまったので続編を書くことにしますね^ ^

お付き合い願えましたら嬉しいです♪



次回は、藍染アーティストの林 広さんです!!

広さん、バトンをお渡しする前にパリ編を書くかもですが^ ^よろしくお願いします。

Message of the Week

Hi! I'm Miharu Toriyama, a costume designer. Today, let me talk about what happened to me, or I should say, what I decided to do at the age of 32, when I first realized "there exist three answers in the world" (see my essay on 1, March 2021). This is one of the stories of my younger days; how my journey of life as a designer started.

 Having worked for JAVA Group in Kobe for ten years, I decided to leave the company. I did love my job and it was indeed comfortable and rewarding for me to work for the company with my colleague, so that was not at all an easy decision to make, but I was strongly wishing to going back to "zero" and to face my own self, "me" without any job titles. Leaving the company that I loved made me make another decision "From now on, I will not work as a permanent employee anymore".

 What should I do next, then? I was thinking of travelling alone through Europe. It might be a good idea to make an appointment to see John Galliano, my idol, and ask him to let me work as an apprentice, I imagined. Actually, I was also acting on the stage as a performer at that time, and the very next day I left the company, I was on the stage. After the performance, one of my best friends rushed to me and said "Miharu, could you come and help me with my Atelier? I need you from TOMORROW!" Oh my goodness, but she sounded almost desperate and, two days after I left my company, I started to work for Atelier Yamamoto, an atelier of imported brand, which was run by a very energetic female president. I still remember my busiest days before the exhibition: the atelier was filled with stunning lace and fabric and gorgeous sparkly decorations, which were all imported from France and Italy. My boss often took me to import exhibitions, where I could see "genuine" articles. Also my boss often fixed me a lovely cup of Macadamia Nut Coffee of GODIVA: I still happily remember that beautiful flavour.

 When our preparation for the exhibition was almost done, my boss asked me if I would like to work for her company as a full-timer. I answered, "Thank you very much, but I decided not to work as a permanent employee anymore when I left JAVA. I would love to travel around Europe to broaden my horizons." and added "But, you know, I do love what I am doing here. I love your atelier. If it is alright, please let me work on an hourly basis. I will be more than happy to work until midnight at the busiest time before exhibitions, but let me take a month off to travel abroad after the exhibition!" My boss agreed, and since then I travelled back and forth between Japan and European countries for two years.

 I learned so many lessons from my boss, among them were "Dress Well, Feel Well and Eat Well. That is the way to create the genuine clothing." and "Do not try to do everything yourself." My days in JAVA where I learned about pattern making and organizational skills, my days at Atelier Yamamoto where I learned about designs and unique styles, and more and more lovely encounters, they all serve as a precious basis for my creation at present and illuminate the path to future.


Oh, I was planning to write an essay on my trips to Paris, but I will stop here today. Let me talk about Paris in my next essay, so please don't miss it!


With love and a cup of Macadamia Nut Coffee (not of GODIVA, though) from Miharu

-- Miharu Toriyama (24, May 2021)

133回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示