• 葉子 小久保

第12回 新たな世界 [English below]


[English below]

筆者の心を読み解き多彩な表現で文章を訳す語学のエキスパート、翻訳家の今泉志奈子さんからバトンを受け取りました。

『あ(明)ける』では、HP制作を担当したフォトグラファーの小久保葉子です。

生まれ育った広島でフォトグラファーとして活動し、結婚を機に徳島へ。

そこで美春ちゃんと出逢い気がつけば15年。その間、私は夫の転勤で海外と日本を行ったり来たり。


2017年から夫の転勤で、娘と私の家族3人、中国で生活を送っていました。しかし、2020年コロナが発生し始めたタイミングで、発生した場所からは遠い場所に住んでいましたが私と娘は数日分の着替えとパソコンだけスーツケースに詰め込み緊迫した状況のなか、日本へ緊急一時帰国しました。

日本へ向かう機内では緊張感が漂っていて関空の滑走路に着陸した瞬間、安堵からか涙が溢れました。娘の同級生ご家族もたまたま同じ便に乗っていたので、

「どれくらい会えなくなるかわからないけれど、また落ち着いたら学校で会おうね。」と暫しの別れを惜しみながら飛行機を降りました。

しかし、ホッとしたのも束の間。荷物を受け取り到着ロビーへ出ると普段通りの開放的な雰囲気に衝撃を受け逆に危機感を覚えました。飛行時間2時間でこんなにも感情が揺れたことはありません。

そして、時間の経過と共に徐々に世界も変わっていきました。

光りと影を目の当たりにしたようでした。

今までの日常が一変し環境も変わり娘との新しい一時帰国生活が始まりました。

何年も肌身離さず持ち歩いていた相棒(カメラ)も残してきたまま。

では、いかに日常を充実させ楽しく過ごすか試行錯誤しながら日々過ごしていました。そんなある日、美春ちゃんから『あ(明)ける』のHP制作のお話しをいただきました。

実は、今回帰国の際に、パソコンとカメラどちらを持ち帰るか迷っていました。迷ったあげく娘のオンライン授業のこともあったのでパソコンを選び持ち帰っていました。

なので、このお話をいただいたとき直感的に使命感のようなものを感じました。

世界中が大きく変化しつつあるこのタイミングに『あ(明)ける』が生まれ、そこにメンバーとして参加させていただけることは、とても光栄です。

『あ(明)ける』= 新たなスタート なんだと感じました。

無数の雫が水面に輪を描き、小さな波紋がやがて大きな紋様を生み出すように

世界中の人々の祈りと愛の波動で光が調和し新しい世界が動きはじめているような気がしてなりません。


次は、『あ(明)ける』のライブ配信で和太鼓を担当された三谷真治さんへバトンをお渡しします!


Message of the Week

Hi, I'm Hako Kokubo, a photographer; I joined "DAWNING." project as a web designer of the official website. In 2017, my husband, daughter and I moved to Chine due to his business and lived there till 2020. At the early stage of quickly-spreading coronavirus outbreak, I flew back to Japan with my daughter. Though our house in China was located far away from the epicentre of the pandemic, we decided that it should be safer to temporarily return home only with my suitcase in which I had quickly put our clothes to wear for a couple of days and my PC. During the flight, everyone was so nervous that tears welled up in my eyes the moment we landed at Kansai International Airport. But, quite the contrary, when we entered the arrival lobby, I was so shocked to see that everything in Japan looked so normal and completely free from anxiety, which made me nervous again. That two-hour flight was indeed unforgettable: I had never felt emotional upheaval like that before. As time went on, the whole world gradually changed, and I felt like I have been witnessing lights and shadows all the time. In this way, my daughter and I started our temporary stay in Japan and it means I started to live apart from my "partner", that is, my camera that I always had with me for years. Before I left China, it took me so long to decide which I should take with me, my PC or camera. After much deliberation, I picked up my PC considering that it would be more necessary for my daughter's classes. One day, Miharu, my best friend, invited me to work with her as a web designer of "DAWNING." project. Instantly I realized that was why I got back home with my PC, instead of my camera. And I thought that "DAWNING." would open the door to the new world. Just like innumerable drops draw ripples in water from small to big, I am now feeling as if the new world is dawning, where waves of prayers and love harmonize beautifully.

---Hako Kokubo (19, April 2021)



1回の閲覧0件のコメント