林 広 (藍染工房ルアフ代表)

18才の時にカトリック教ブラザー、画家、故・津田季穂との出逢いにより、その後の自己形成に大きな啓示を与えられる。

1990年:帰郷し藍染の道に入る。

2000年:バチカン直属 OMIより、タペストリーを注文製作する。

藍染め

2006年~「徳島県藍染研究会」の会長、副会長を歴任。

2015年:ミラノ万博・日本館に出展。

2017年:渋谷「清水とき着物アカデミア」での「ジャンブルーの集い」の舞台美術を担当。

        パリコレ用の藍染衣装担当。

 

2019年:福島県南相馬市において自立支援の結実として「南相馬藍」をブランディング。                      国連FAO「世界農業遺産」認定地にて「神のソラ藍」ブランドの総責任者 。        

2020年:石鎚山頂上社から、数々の啓示を得る。

  • Facebook